与薬ミスを防ぐために知っておきたいこと

富山の看護師にお届けする「薬・雑学・悩み・求人まとめサイト」

医療への意識が高い!富山の看護師のためのお役立ち情報掲示板

富山の看護師にお届けする「薬・雑学・悩み・求人まとめサイト」

サイトマップ

ホーム > 与薬ミスを防ぐために知っておきたいこと

あってはならなことだけど、実際、発生数が常に上位にあがる与薬ミス。それを防ぐためにどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

与薬ミスを防ぐために、最低限知っておきたいこととは?

こちらのページでは「新人看護師」「先輩看護師」それぞれの場合で傾向と対策を解説していますので、ぜひ参考になさってください。

新人看護師の与薬ミス~傾向と対策

飲み薬新人看護師が起こしがちな与薬ミスの原因は、「知識不足」「能力不足」によるミス。もし、聞きまちがえたり、勘違いしたり、あやふやな指示を出されても、薬剤の常識的な知識や薬効、適正な投与量、用法などを熟知していれば、「ちょっとまって!」と立ち止まることができます。でも、それがなければ、間違ったまま行動に移してしまうんです。

また、知識不足なのに、正しいという根拠がはっきりしないまま行動に移してしまうこともあります。基本的なことなのに、質問するのは恥ずかしい、質問すると怒られるかも…、なんて思って、独断で行動を起こしてしまうことで重大なミスを起こすということも…。

だから、わからないことはわからないままにしないということはまず大切ですね。あとはどうしても先輩看護師のフォローも必要です。これは新人看護師だけでなく、職場全体で取り組まなければならない問題といえるでしょう。

先輩看護師の与薬ミス~傾向と対策

与薬ミスは、新人に多いと思いがちですが、実はベテランが起こしやすかったりするんです。自分がわからないことを上司や同僚に確認せずに、独断で判断してミスをするというのもよくあります。ベテランなのに、「知らない」なんて言えないというプライドが邪魔をするんです。

また、頭より体が動くベテランには「誤認」や「思い込み」が多いのも特徴です。そこで、職場できめられたマナーやルールを守れば止められたりするのですが、「自分はわかっているから大丈夫」と踏むべき手順を省略してしまったりして、重大な事故を引き起こしてしまいます。

ベテランの与薬ミスは、職場のルールやマナーの徹底が重要です。


Copyright © 富山の看護師にお届けする「薬・雑学・悩み・求人まとめサイト」. All Rights Reserved.